沖縄県那覇市新都心にあるのはら元氣クリニック。がん総合治療・プラセンタ・リンパ・漢方・鍼・リハビリ

ハイパーサーミア(がん温熱療法)

HOME保険診療 › ハイパーサーミア(がん温熱療法)

ハイパーサーミア(がん温熱療法)

ハイパーサーミア とは?当院に導入したハイパーサーミア 「サーモトロンRF8」 は、8MHZの高周波で分子摩擦熱を発生させて、体の表面から深部まで自在に加温できます。 中心部は42、5℃~44℃でがん組織の直接的な致死効果、周辺部では40℃前後となり、正常細胞の活性化、免疫賦活化などの効果が得られます。 正常細胞とがん組織に熱を加えると? 正常組織は、熱が加わると血管が膨張して、膨張することで放熱し体温を調整する仕組みになっています。 一方、がん組織を通る血管は熱を加えられても膨張せず、放熱することができずに42,5℃以上となり死滅します利点 1.副作用の少ない治療法であると同時に、抗がん剤、放射線など従来のがん治療に伴う副作用を軽減し、治療効果を高める。 2.ハイパーサーミアは健康保険が適用されます。 3.血液と脳、眼球を除く全身のがんに対して適用可能とされ、がん種・部位、進行がん・再発がんを問わず、治療が可能です。 4.通院で可能ながん治療です。 5.何回繰り返しても安全で、痛みの緩和QOL(生活の質)の改善、向上が期待できます。 Q:ハイパーサーミア治療を受けるには? A:基本的に予約診療です。初診時に病状や経過をお聞きし検査データなどに基づいてハイパーサーミアの適応や治療計画を立てていきます。 他の医療機関で治療を受けている方は、主治医の紹介状と検査記録(MRI、CT画像)などをご持参下さい。     ★ハイパーサーミア治療の実際 ①加温時間は1回約40分、 着替え等を含めて 約1時間程度。 週に1回、3ヶ月の間に6~8回 (保険だと回数制限あり) ②抗癌剤治療と併用の場合は、同時または 血中濃度が高い時点で加温治療するとよい。 (GEMはハイパーサーミアから先が良い) ③免疫療法と併用する場合はハイパーサーミア が先の方が良い。   ★当院でのHT治療の実積 H25年1月7日  ハイパーサーミア治療開始 H28年6月30日まで(実稼動933.5日) ・男性163人(42~91才)平均(65.3才) ・女性181人(26~89才)平均(57.9才) 【合計 344人】 (延べ 5910 回、試行1日平均 6 人) (治療回数 最高137回~1回) ☆期間 2013年1月7日~2016年6月30日   ★疾 患 内 訳 【大腸癌:47人】 【肺癌:45人】 【子宮癌:35人】 【膵癌:31人】 【乳癌:30人】 【直腸癌:24人】 【胃癌:20人】 【肝臓癌 ・卵巣癌:16人】 【腎癌:13人】 【前立腺癌・食道癌:10人】 【胆管癌:8人】 【肉腫(子宮・血管・滑膜)・咽喉頭癌・悪性リンパ腫:5人】 【盲腸癌・膀胱癌:4人】 【悪性黒色腫:3人】 【甲状腺癌:2人】 【上顎癌・副鼻腔・尿管がん・血管芽腫・舌癌・悪性胸膜中皮腫・縦隔がん・十二指腸がん・外陰部がん・胸腺がん・ 胆嚢癌・良性疾患:1人】 ☆合計:344人 (2013年1月7日~2016年6月30日) ★病 期( 進 行 度) 男 性  女 性   計 ・Stage Ⅰ   6人   20人  26人 ・Stage Ⅱ   5人  15人   20人 ・Stage Ⅲ   19人  20人  39人 ・Stage Ⅳ  116人  110人  226人 不明       17人  15人  32人 ☆期間 2013年1月~2016年6月30日 ★HT療法における局所効果 化学療法   放射線   温熱単独 ・著効     15.0%  49.6%  7.5% ・有効    43.3% 36.5%   47.6% ・無効    41.7% 14.1%   44.9% *ハイパーサーミア学会における アンケート調査結果 ★アンケート調査結果  治療中の患者さんにアンケートをお願いした。 計39名中34名からアンケート回答を得ることができた。 ・性別は 男性10名 / 女性24名 【計34名】 ・年齢分布 ♂男性:50代→2名 60代→2名 70代→6名 ♀女性:30代→2名 40代→7名 50代→5名 60代→6名 70代→4名 であった。 Q1.あなたの病名は? 男 性  (10人) / 女 性 (24名) ・前立腺癌:3人   ・子宮体癌: 3人 ・直腸癌: 1人  ・子宮頸癌: 2人 ・膀胱癌: 1人  ・卵巣癌:  2人 ・喉頭癌: 1人  ・乳 癌:   5人 ・肺 癌:  3人  ・胃 癌:  2人 ・膵頭部癌:1人  ・肺 癌:  2人 ・大腸癌:2人 ・膵癌:  2人 ・喉頭癌:  1人 Q2.HT以外の治療を受けてますか? ・通常療法(手術) 受けた     16人 受けてない   18人 ・放射線治療 受けたことがある 10人 現在受けている   0人 受けたことがない 24人 ・抗がん剤 受けたことがある 14人 現在受けている  13人 受けたことがない  8人 Q3.ハイパーサーミアを受け抗がん剤や放射線の副作用の程度に変化がある? a) 良くなった      11人 b) 少し良くなった      4人 c) 変わらない        6人 d) 少し悪くなった      0人 e) 悪くなった        0人 *全体の71%(15人)が治療前より 副作用が改善し、悪化した人はいなかった。 Q4.ハイパーサーミアを受けて  病気の進み具合はどう変化したと感じますか? a) 良くなった     21人 b) 少し良くなった   7人 c) 変わらない      5人 d) 少し悪くなった   0人 e) 悪くなった      0人 ( 無回答 1人) *病気の進み具合が改善したと感じているのは34人中28人で、全体の82%でした。 悪化したと感じた人はいなかった。 Q5.今後もHT治療を受けたいか? 受けたいと a) 思 う     33人 b) 思わない   0 人 c) 無回答     1 人 ☆ほぼ全員が続けたいとの回答☆ 【患者様の声】 1.  抗がん剤の副作用が軽減した。(5) 2.  関節痛や骨の痛みが軽減している。体の痛みが和らいだ(5) 3. 定期的なCT検査で原発巣とリンパ節転移が縮小している(5) 4. 普段の体温が上昇した。風邪をひきにくくなった。(4) 5. 病気の進行を食い止めることが出来ていると思う。(3) 6. HT治療を選んでよかった。(3) 7. HTを受けた日はすごく気分もよく、体調も良くなる。(2) 8. 腫瘍が小さくなり、相乗効果が出たと認識している。(2) 9.  手術・抗がん剤の後、がんの再発がないので安心。(2) 10. HTはがんの治療として必要。(1) 11. 体調の回復が早くなった。(1) 12. 治療後は汗をかくので体が楽になる。(1) 13. 苦しい治療でないので、生活に支障がない。(1) 14. HTを受け、受ける前の身体状態を維持できている。(1)(  )内は回答人数です。