沖縄県那覇市新都心にあるのはら元氣クリニック。がん総合治療・プラセンタ・リンパ・漢方・鍼・リハビリ

超高濃度ビタミンC点滴療法

HOME自由診療 › 超高濃度ビタミンC点滴療法

超高濃度ビタミンC点滴療法

 1.超高濃度ビタミンC点滴療法とは、

   ビタミンCの抗癌作用は、ビタミンCが体内でフェントン反応に        

  より過酸化水素(H2O2)を発生させ、過酸化水素が癌細胞を殺傷

  することで生じます。過酸化水素は正常細胞にも反応しますが、

  正常細胞には過酸化水素を分解・無毒化するスーパーオキサイド

  ジスムターゼSODとカタラーゼを豊富に持っており過酸化水素を

  無毒化してしまいます。癌細胞はこれらの分解酵素を有していな

  いため過酸化水素の攻撃にさらされ死滅します。 

  このように癌細胞と正常細胞に対するビタミンCの反応の

  差を利用したのが、超高濃度ビタミンC点滴療法です。
   
  点滴静脈注射でビタミンCを直接体内に投与する理由は、癌細胞

  を死滅させるビタミンCの血中濃度が3500~4000μg/ml

  で非常に高いためです。服用による腸管吸収には限界があり、い

  くらビタミンCを大量に飲んだところで血中濃度はmaxで1mg/

  dLがせいぜいですので、これではとても癌細胞殺傷能力は生ま

  れません。  どうしても25~100gの大量のビタミンCを

  短時間に直接に血管中に投与する必要があります。個人差は
  
  ありますが、この投与方法により初めて3500~4000μ 

  g/mlの濃度が達成されるのです。

 2.点滴開始までのプロセス

  当クリニックでは、以下のようなプロセスを経て、必ず患者様御 

  本人をはじめご家族の御了解・御同意を得た上で治療を開始いた

  します。
 
  ①まず、面談(完全予約制)を行います。
   ■面談では、お身体のことで悩んでいる点、お困りの点などに        

  ついてご自由にご相談ください。
  
  ②次に、治療計画を立てます。
   ■患者様ご本人のご希望を尊重し、治療方針を計画させて頂き

  ますので、御自身の目標などありましたら、ご遠慮なくお聞かせ

  ください。

  ③治療内容等についての説明をさせて頂きます。
   ■面談の際に「高濃度ビタミンC点滴療法」の治療内容・治療

   日程・料金などについて詳しくご説明いたします。
 
  ④治療内容について十分な御理解を頂いた上で「同意書」に

  サインして頂きます。
 
  ⑤以上のプロセスを経て検査・治療が開始されます。

 3.高濃度ビタンC点滴療法が適している方は、
   
   ①標準的ガン治療が無効の場合
   ②標準的ガン治療の効果をより確実にする
   ③標準的ガン治療の副作用を少なくする
   ④良好な体調を維持しながら寛解期を延長させる

 4.この点滴療法が受けられない方は、
   ①腎不全がひどく、透析中または近日中にも透析が必要な方
    このような方には他の輸液も含めて水分制限が必要なので、

    お受けいただけません。
  
   ②高度の心不全がある方や不整脈のコントロールができていな

   い方
    上記の場合と同様にこのような方も受けられません、と言い

    ますのも50gのビタミンCを 点滴するのに点滴用蒸留水

    400 mlと併せておよそ500 mlの水分が静脈から体内に

    入りますので、心臓に重度の障害がある方にとっては負担と

    なることがあります。
 
   ③G6PD異常症の方
   G6PD(Glucose-Phosphate-Dehydrogenase)異常症という、

   日本人にはごくまれな先天異常があると、超高濃度のビタミン

   C点滴で、溶血性貧血になってしまうことがあります。
  
   ④胸水、腹水が溜まっている方   
   ⑤極端に栄養状態が悪い方  
   ⑥脱水症状がある方   
   ⑦その他
 
 5.高濃度ビタミンC点滴療法の実際
  
   ①最初はビタミンC15gから点滴を始め、25g、50g、75g、

   100gと増量します。
   

   ②血液中のビタミンC濃度を1ヵ月ごとに測定し、投与する

   ビタミンCの理想的な投与量を決定します。
  
   ③点滴の所要時間は、点滴量によって異なります
  
   ④一般的には週に2回の点滴で6ヶ月間継続、その後の経過

   が良ければ週1回を6ヶ月、さらに2週に1回を1年間、

   その後は月に1回行います。
  
   ⑤ビタミンC の量と点滴頻度は症状や状態によって適宜調整

   を行います。
  
   ⑥治療効果の判断の為、1~3ヶ月毎に問診や診察を行いま 

   す。

 6.副作用について
   高濃度ビタミンC点滴療法で有名なアメリカのカンザス州

  ウイチタ市にある国際人間機能改善センターで、15年間に

  3万件以上の高濃度ビタミンC点滴療法を実施し、ビタミンC

  の 副作用によって死亡に至った例はありません。

  当院での経験でも実際には殆ど副作用のない安全な治療だと

  言えます。 

  ただし、稀に以下の症状が現れる場合があります  
  ① 下痢・嘔吐・脱水
  ② 感染(点滴を行うため、常に感染の危険性は考慮されます。)
  ③ 低カルシウム血症
  ④ 血管痛
  ⑤ 溶血・皮下出血。極めてまれですが、ガンの壊死による出血
  ⑥ アレルギー(とうもろこしにアレルギーがある方)
  ⑦ 偽性高血糖(簡易血糖測定器を使用した場合による)点滴後
   24時間以後は影響なし

 7.治療の料金について
  高濃度ビタミンC点滴は全額自費治療となります。

  医療保険適応ではありませんので、点滴・検査など全て自己負担

  となります。

   ■ビタミンCの価格変動により点滴料金を変更すること 
   があります。(社会情勢の変化による価格の値上がり等で)

 8.治療費のお支払いについて

   治療費のお支払いは、点滴実施ごとに当日のお支払いをお願い

   しております。

 9.治療に当っての注意事項 
  
  ①高濃度ビタミンC点滴療法は、世界の代替・補完医療によって

  広く行われていますが、がん、その他の変性疾患の全身的治療へ

  の使用には賛否両論があり、このような疾患の治療に有効である

  という考え方は医学会でも少数派の意見であり、大多数の医師お

  よび保険会社には「実験段階」であると考えられています。
 
  ②これらの治療は数カ月にわたって延長される可能性がありま

  す。また、ビタミンCがその効果を維持するためには、繰り返し

  行う必要があります。
 
  ③治療に使用するビタミンCは、当院が個人的に輸入したもので

  あり厚生労働省の許可を受けている医薬品ではありません。

  よって確実な治療効果を約束するものではありません。  
  
  また、なんらかの事故が起きた場合にも厚生労働省に責任を追及 

  することは出来ませんのでご注意下さい。